シェアボタン

レスポンシブ

ブログ 独り言。

【保存版その2】美容室で使う単語、韓国語にすると

投稿日:

こんにちは。

韓国のソウル、明洞で働く美容師です。

なんで毎回毎回↑みたいな同じ自己紹介をするのかといいますと...只のSEO対策です、はい。

(´-`).。oO(SEOって何だよ聞いたことねーよ...)

といった方の為にですね、

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。

http://sosus.info/002/01/ より引用

なんですが。

わかりやすく説明すると、GoogleとかYAHOO等、検索エンジンでの検索結果で、上位に表示されるための工夫というか、対策のためにコツコツとやってます。

実になるかどうかはわかりませんがね、わっはは。

なのであ~こいつまたやってんなー。位に暖かく見守ってくださいませm(_ _)m


 

スポンサーリンク

 

さて、かなり前にアメブロのほうで
『【保存版】美容室で使うあの単語、韓国語にすると』
こんな記事を書いてましたが!

適当にいくつか思いついたので書き足していこうかと思います。気まぐれです。

 

スタート。

 

・トリートメント→ 영양,클리닉

【트리트먼트】でも勿論大丈夫です。がネイティヴの人はあんまり使わないかな?

「오늘 영양도 같이 해주세요~」とかよく言いますね。直訳すると【栄養もしてください~】みたいになるのでインチキ翻訳っぽい感じがジワジワしますね。

 

・(頭を)洗う→머리를 감다

これは韓国語勉強してる人はみなご存知かと思いますが。身体を洗うのは씻다で頭を洗うのは감다ですね。わたしは韓国に来たばかりの頃、一生懸命覚えたての単語で

【이쪽으로 오세요!!씻어드리겠습니다!!!】とか女性のお客様に言って困惑させてましたからね。一歩間違えれば変態美容師になってしまうので注意ですね。

 

・ボブ→단발머리

これに関しては細かく書くと長くなるのですが...必ずしもボブ=タンバル ではないです。個人的に。

韓国の人で보브컷트という単語を使う方自体あまりいないんですが。ボブといっても幅広く、軽めでレイヤーが入ったボブもあったり、前下がり、前上がりだったりバリエーションが豊富なのが日本でいう【ボブ】なんですが。

【단발머리】というとそうではなくいわゆるブツ切りのワンレングス、削ぎも殆どしていないスタイルの事を指している気がします。この辺は美容師さんによっても違うんだろうなぁ。

それにしても...カタカナで タンバルモリ と書いた時のオルチャン臭半端ない!

あ、独り言でした。

 

・(量を)軽くする→숱치다

가볍게 해주세요 は当然よく使いますよね。しかし日常で働きながらネイティヴだな~と思う表現は【저 숱이많아서 쳐주세요~】とかですかね。

量は減らして欲しくないけどレイヤー入れたい場合は층ですよね。층을 넣어주세요とか레이어컷트 とか。

 

って感じでしょうか。

今回はとりあえずこんな感じで。

困った方はわたしに相談してくださいね!ははは
친구 추가
それではさようなら。

シェアボタン

-ブログ, 独り言。

Copyright© ASHDO SEOUL SHIN , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.