シェアボタン

レスポンシブ

ブログ 独り言。

【一応東京】檜原村の奥地、兜屋旅館へ

投稿日:


スポンサーリンク


新年一発目こんにちは。

明洞 ASHDOsanctuary
SHINです。
今年もよろしくお願いします。

4泊5日という大変長い充電期間を頂いて、また明洞でブチ上げる日々を送ってます。

 

東京の秘境、檜原村の旅館へ

2年前のお正月は箱根の旅館へ行き、今回も温泉いきてーなーという事で、旅館を取ったのですが

色々ネットや口コミを調べた結果、築250年超の凄い趣のある場所を見つけました

兜屋旅館

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/72893/72893.html

すごくないですか?w

東京にこんな場所があるとは...

場所的には東京都の檜原村。
関東の人じゃなければ、【東京に村があったのか...?】という反応になることでしょう。あります。立派な村です。

西洋の人たちが見たら、間違いなく

【ニンジャ】
【ショーグン】

といった単語が乱発される事でしょう。
胸が踊ります。

ええじゃないか!
と二人で即決してここにしたんですよ。

しかし、この場所までのアクセスはなかなかハードなものでした。

まずは、JR中央線の立川駅から、五日市線で乗り換えて終点の【武蔵五日市駅】へ。

この辺は通ってた中高一貫の学校が近くにあるので、割と詳しいんですが、ここから更にバスで1時間10分ほど乗った【数馬】という場所まで行かなくてはなりません

バスの運賃は片道で一人当たり940円ほど。たけェ

数馬のバス停↓

端から端まで乗るので、どこで降りたらいいか迷うことはありません。

ちなみにバスは約1時間半に1本。

真冬で乗り過ごしたら死を覚悟するレベル

ここから、更に山の中を20分ほど歩いて行かなければならないのですが

 

とりあえず空気美味い。

 

途中から訳の分からないテンションになっていきます。

 

人生色々悩んだり大変だったりしますが、自然の中を歩いていると

【地球単位で考えたら大した事ないな】

と思えたのでよかったです。たまには思いっきり自然の中に行くことって大事だと再認識しましたね。

 

そしてついに、、、

到着!

なんか歓迎されてました。

築250年以上というこの雰囲気よ

部屋からは渓谷が見渡せてとても良いです。

↓詳しく↓
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/72893/72893.html

【ニンジャ】
【ショーグン】
【エタヒニン】

訳もわからずそんな単語を叫んでましたね。

とても良い充電になりました。

では今月、今年も宜しくお願い致します!

1月のお休みは今のところ無く、基本はお店にいるのでいつでもご連絡くださいね。

친구 추가

それではっ

↓ここまで見たのなら押したまえ!↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



シェアボタン

-ブログ, 独り言。

Copyright© ASHDO SEOUL SHIN , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.